2005年11月01日

はにほへといろ演奏会

はにほへといろってこれはフィンランドに住んでいる「日本人子ども演奏会」のことです。
ネーミングは「ドレミファソラシド」を日本語で書くと
「ハニホヘトイロ」になることからだそうです、
フィンランドには「シベリウス音楽院」があります。
ここでは、日本人の学生さんが音楽の勉強のため留学されていたり、
日本人の音楽才能に秀でた方が講師として教鞭をとられていたりと日本人も結構いらっしゃいます。
そしてここで講師をされている方や、ここの学生さんから楽器を習っている日本人の子ども達もたくさんいるのです。
ピアノに始まり、バイオリン、クラリネット、チェロまで・・・
現地のフィンランド人の子どもさんは発表の場があるわけですが、
現地校に通っていない子達はなかなか発表の場もありません。
そこでこの方たちから習っている子供達に発表会の場を与えてあげようということで
この演奏会が開かれる様になったらしいです。
今回が2回目でした。

うちの息子は何も楽器はやっていませんが、楽器に以前から興味をもっているので、
演奏会に行きたいとは思っていましたが、なんせ4才ですのでじっとしていられません。
ですが、この演奏会だったら知っているお兄ちゃん、お姉ちゃんが演奏するので、
きっと興味をもっておとなしくできるだろうと思って連れて行きました。

6歳くらいの子から上は中学生までの演奏会でそれはとても素晴らしかったです。
日本でももちろん楽器を習うことはできますが、こちらではごく自然に一流の人達から習うことができて、音楽に触れる機会も多くあってすばらしいなと感じました。
バイオリンも個人レッスンを日本でするとなれば高額な月謝でしょうが、
こちらではそうでもないんです。

私も今、カンテレ(フィンランドの伝統的民族楽器)を習っていますが、
日本でもコンサートを行うような一流の先生から習うことができて本当に感謝です。
日本に帰ったらそんなことあり得ないです。

2週間に一度なんですが、いつもはレッスンの前日にあわててちょこっと練習するだけですが、
今回はこども達の演奏会に影響されここは「いつか私も人前で弾けるようになりたい」と
3日ほど毎日カンテレレッスンに励む毎日です♪
音楽は心が癒されるというか、無心になれてほんとに心地いいです(*^_^*)
posted by みぃぴょん at 23:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

ブックメッセ@ヘルシンキ

book-messe1.JPG


10/27〜10/30までヘルシンキでブックメッセが開催されました。
フィンランド語を勉強中とは言え、本をスラスラ読めるわけでもないのに、
本好きな私としては行って来ました。
入場料が12ユーロもして、結構高いな〜という印象。
ダンナさんも一緒だったので2人で24ユーロ。

会場に入ってみると最終日だからか、すごい人。
会場内には100近い店舗が本を展示していた。
CD7や古本もある。

あちこちで作家のインタビューや サイン会があっているものの、
作家が誰かわからない・・・もちろん話している内容もわからないし、
これはフィンランド語がわかる人にとってはすごいメッセなんだろうけど、フィンランド語のわからない私達にとっては・・・
特にダンナさんはフィンランドの本には全く興味がないので退屈な様子。

私は、息子をダンナさんに預けて一人で見て回りました。
 歩き回っているとムーミンママ&ムーミンパパが。
ダンナさんに電話をして息子も一緒に、ムーミンパパ&ママとカメラ
そして、また一人で歩き回っていると、行列の出来た所がexclamation
みんな手には>「Viivi ja Wagner」の本をもっているではありませんか!
そのサインをしている人の名札を見ると・・・「JUBA」さんです!
そう、この方はHelsingin sanomat紙
(フィンランドで発行されている新聞)に連載漫画を書いている人なんです!
やった〜!exclamation×2
book-messe2.JPG
私もあわてて本を買って並んでサインをしてもらい、握手もしてもらいました手(チョキ)
よかったわーい(嬉しい顔)これで来た甲斐があったというものです。

Viivi ja Wagnerのサイトはこちらです

posted by みぃぴょん at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

着物ショー@ヘルシンキ

先日のブログでも紹介しましたが、今週は「日本文化週間」と題して
イベントが開催されています。
そのプログラムの一つ「着物ショー」が昨日ありました。
私も昨日この着物ショーに行きました。
行ったと言っても見たのではなく、出演してきました。
カッコ良く言えばモデルとして出たんです!この私が!
若くも、綺麗でもない、私が出てまさかフィンランド人の前で恥をさらすことになろうとは・・・・
というのも、この話しをいただいたとき、
「モデルならもっと綺麗で若い子が出たほうがいいのでは?・・・」とお断りすると、
「いえ、いえ、今回は幅広い年齢層の人に出ていただいて、色んな着物を紹介するのがねらいですから・・」と。
「はぁ〜。それで私にまで声がかかったのか・・・」なるほど。納得。
だけど、私が出て、少しでもフィンランドへ日本文化紹介のお役に立てるのならば・・・少々の恥くらい我慢、我慢。いや、もしかすると日本の恥をさらすことになるかもしれない!」と思いつつも、
出演となりました。
子どもも入れて総勢30名?くらいの出演者で、立ち見も出る程の盛況ぶりだったとのことですわーい(嬉しい顔)
残念ながら出演者は楽屋裏や控え室で待機していてほとんど見ることができなかったので、
お客様からどのように見えていたのか、分からず残念でした。
しかし、着物を着るということは大変疲れました・・・
今朝起きたら身体の変な所がギシギシと痛くてふらふら・・・
年を痛感。

HPkimono.JPG

posted by みぃぴょん at 18:31| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

私の体内時計

2週間くらい前から、朝起きるのがほんとに一苦労。
それはだんだん日照時間が短くなってきていて、朝7時でも暗いのです。
一般的に「人は太陽の光で自然に目覚める」といわれますが、
太陽の光が出ていないので、私は目覚められないのですもうやだ〜(悲しい顔)
(これって本当みたいですね。)
子どもを起こしても、「まだ暗いよ。夜だよ〜」と言われてしまうし・・・

フィンランドではサマータイムが導入されていて、
今月末までサマータイムです。
だけど、私の体内時計はすでにサマータイムが終わった様で、
とにかく朝眠くて起きられない・・・あせあせ(飛び散る汗)

早くこのサマータイム終わって〜exclamation×2
そうなれば今は朝の7時でもサマータイムが終われば朝の6時ひらめき
と、いうことは後1時間眠れるのです手(チョキ)
後、数日とはいえ、朝がつらいよ〜・・・
posted by みぃぴょん at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

とうとう冬がやってきた

今年は暖秋で喜んでいたけれど、先週から急に気温が下がり、
先週末はチラット雪が降ったらしい。
というのも、私は雪が降ったとは気付かなかった。
 今朝は気温が3−4℃あり雨風のすごい天気だった。
しかし15:00過ぎくらいからその雨が雪に変わった。
チラッとではなくて、風が強くて吹雪いている〜霧

あ〜とうとうこの季節がやってきたのかもうやだ〜(悲しい顔)・・・
これからは、子どもと出かけるとなると何枚も洋服を着なくてはいけないので、
10分は余分にみなければならない。
それに車(セダン)で出かける場合はもっと大変。・・・
私の駐車場は屋外なのでまず雪かきしなくちゃいけないのだあせあせ(飛び散る汗)
サラサラ雪だと払い落とすだけでいいから簡単なんだけど、
雪の降り始めはベチャとしているので気温が下がって氷になり窓に貼りつくから、
ゴシゴシガリガリと氷を削ぎ落とさなくてはいけないのだ・・・
辛い時期がやってきた。。。

posted by みぃぴょん at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

最近はまっていること

インターネットの「mixi」というのにはまっている。
「mixi」の語源は“mix”(交流する)と “i”(人)とのこと。
コミュニティーエンターティメント・ソーシャルネットワークサイトと紹介されている。

利用するのには、登録する必要があるのだけれど、友人などから招待メールをもらわないと登録することができないのだ。つまりみ〜んなつながっていて、まさに、友達の友達はみな友達!という感じ。
もちろん、ブログの紹介をしたり、日記を書いたりできる。

特に面白いのは共通する趣味や関心ごとを持っている人達と、コミュニティを通して色んな話ができること。フィンランド関係だけでもたくさんあるし、フィンランド人もいたりするから面白い。

って、こう書くと、yahooや楽天でも同じ様なことやっている気もするけど、
どう説明したらいいのかわかんないけど、これらよりもmixiの方が友達関係が近いように感じる。

私も何人かここで友達を見つけてびっくり!だし、嬉しかった。
大体、みんな本名で登録しているので友達も見つけやすいし、信頼性もある。

もし、mixiに入ってみたいという方は招待メールを出しますので私宛にメール下さい。
posted by みぃぴょん at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

Japanese culture week

japaninviiko.JPG10/25−29Japanese culture week と題して期間中「子どもから大人まで楽しめる、数々のプログラムや展示などで日本文化の紹介があります。フィン日協会70周年を記念したもので今年は大きなイベントになったようです。
主なプログラムとしては、生け花や、着物ショー、子供向け太鼓ワークショップ、紙芝居、日本食デモンストレーションなどがあります。
くわしくは、http://www.kulttuuri.hel.fi/caisa/ohjelma/lokakuu05_fi.htmlのCAISAのサイトか(フィン語、英語)、
日本語では、在フィンランド日本大使館のトップから→イベントの案内→イベントの詳細でみることができます。
posted by みぃぴょん at 02:19| Comment(2) | TrackBack(0) | フィンランドでのイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月28日

チョコ食べ放題・・・

198-9843_IMG.JPGフィンランド語講座、課外授業。
先生&クラスのみんなでフィンランドで有名なチョコレートのメーカー「FAZER」
の工場見学へ行った。日本では「ゲイシャチョコ」でご存知の方もいるかもしれない。
チョコレート食べ放題ぴかぴか(新しい)と聞いて、チョコ黒ハートの私としては楽しみに参加した。
それに、工場の様子など写真に撮ろう!とカメラも持参して・・・
ところが、さすが、フィンランド最大のお菓子工場だけあり、チェックは厳しく、荷物は全てロッカーへ!カメラは禁止だったもうやだ〜(悲しい顔) 
最初にFAZERの歴史のビデオを見て、靴にはカバーをつけ、頭には帽子をかぶり、いざ工場内へ!機械がチョコを箱詰めにしている様子を数分見て、チョコレートがおいてある場所へ。
そこで「持ち帰りはできませんが、ここで好きなだけ食べていいよ!決定」と。。。
しかし、飲み物も何もなくて、あま〜いチョコレートだけ、
いくらチョコ大好きな私でも2本(1本42g)しか食べれなかったバッド(下向き矢印)
チョコレート食べ放題って・・・そうそうたくさん食べれるものではないんだな〜と感じた。
そのすぐ後、キャラメル食べ放題の場所ではほとんど誰も食べていなかった。
そして、これで終わりだった・・・
なんか工場見学って・・・これだけ?って感じだった。
だけど、帰りにもらったお土産は嬉しかったわーい(嬉しい顔)
添付写真は帰りにもらったお土産です。



posted by みぃぴょん at 05:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月02日

ピアノコンサート

昨日、フィンランド在住の世界的ピアニスト 舘野泉 氏のコンサートへ行ってきました。

最近日本のテレビでも「奇跡のピアニスト」として放映されたので、ご存知の方も多いと思います。
フィンランドでのリサイタル中に脳溢血で倒れ右半身付随という後遺症が残りながらも、
左手のみの演奏で復活され、活躍されています。

昨年、夫は舘野氏のリサイタルを聴き、その時初めて、
舘野氏が「左手だけで演奏されるピアニスト」と知りました。
左手だけの演奏ってどんなのだろう?と病に負けずに打ち勝ち、
活躍されている世界的ピアニストの演奏をぜひ聴きたい!と思っていました。
そして、念願叶い,今回舘野氏の演奏を聴くことができました。

ノルドグレン:左手のためのピアノ協奏曲 〜 小泉八雲の「怪談による」
吉松隆 氏作曲の「タピオラ幻景」 
ブリッジの「三つのインプロヴィゼーション」などでした。

どれも大変素晴らしく、心安らぎ、温まるひとときでした。
最後はスタンディングオベーションで感動の渦でした。

posted by みぃぴょん at 20:44| Comment(3) | TrackBack(0) | フィンランドでの日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月31日

白樺の樹液

koivunmahla1.JPG先日、義妹からフィンランド土産に欲しいものとのリクエストがあった。
白樺の樹液」という健康飲料水とのこと。
何?それ??今まできいたこともないし、見たこともなかった。
こちらに住んでいる日本人の人にきいても何それ??と言われて知られていなかった。
日本の某テレビ番組で紹介されたとのことで、早速調べてみた。
北海道でも作られているようだ。それにしても日本の情報網はほんとにすごい。
紹介では、「フィンランドで昔から飲まれていて、肌もすべすべになり、元気でいられる」ので好評とのこと。
ミネラルバランスが体液に近く,身体にスムーズに吸収され新陳代謝を促す効果があるそうです。

日本へ帰国予定の友人へこのことを話したら、早速売っているお店を見つけて私に教えてくれました。
後日聞いてわかりましたが、世界陸上へ来ていた日本人観光客は「白樺の樹液」を買い求めていたようです。
そして、ようやく私も手に入れましたが、まだ試飲していません。
感想は後日をお楽しみに・・・・

その白樺の樹液「Koivunmahala」が作られている会社のサイトはこちらです。
英語とフィンランド語があります。「://www.aurinkolehto.fi/fin/」
頭の、「http」を省いていますので付け加えて下さいね。


posted by みぃぴょん at 02:30| Comment(7) | TrackBack(0) | フィンランドのお気に入りグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。