2005年11月01日

はにほへといろ演奏会

はにほへといろってこれはフィンランドに住んでいる「日本人子ども演奏会」のことです。
ネーミングは「ドレミファソラシド」を日本語で書くと
「ハニホヘトイロ」になることからだそうです、
フィンランドには「シベリウス音楽院」があります。
ここでは、日本人の学生さんが音楽の勉強のため留学されていたり、
日本人の音楽才能に秀でた方が講師として教鞭をとられていたりと日本人も結構いらっしゃいます。
そしてここで講師をされている方や、ここの学生さんから楽器を習っている日本人の子ども達もたくさんいるのです。
ピアノに始まり、バイオリン、クラリネット、チェロまで・・・
現地のフィンランド人の子どもさんは発表の場があるわけですが、
現地校に通っていない子達はなかなか発表の場もありません。
そこでこの方たちから習っている子供達に発表会の場を与えてあげようということで
この演奏会が開かれる様になったらしいです。
今回が2回目でした。

うちの息子は何も楽器はやっていませんが、楽器に以前から興味をもっているので、
演奏会に行きたいとは思っていましたが、なんせ4才ですのでじっとしていられません。
ですが、この演奏会だったら知っているお兄ちゃん、お姉ちゃんが演奏するので、
きっと興味をもっておとなしくできるだろうと思って連れて行きました。

6歳くらいの子から上は中学生までの演奏会でそれはとても素晴らしかったです。
日本でももちろん楽器を習うことはできますが、こちらではごく自然に一流の人達から習うことができて、音楽に触れる機会も多くあってすばらしいなと感じました。
バイオリンも個人レッスンを日本でするとなれば高額な月謝でしょうが、
こちらではそうでもないんです。

私も今、カンテレ(フィンランドの伝統的民族楽器)を習っていますが、
日本でもコンサートを行うような一流の先生から習うことができて本当に感謝です。
日本に帰ったらそんなことあり得ないです。

2週間に一度なんですが、いつもはレッスンの前日にあわててちょこっと練習するだけですが、
今回はこども達の演奏会に影響されここは「いつか私も人前で弾けるようになりたい」と
3日ほど毎日カンテレレッスンに励む毎日です♪
音楽は心が癒されるというか、無心になれてほんとに心地いいです(*^_^*)
posted by みぃぴょん at 23:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
みぃぴょんさんのほうが私よりよっぽどディープフィンランドを
楽しんでいらっしゃいますわよ〜。
カンテレを習っているんですか、すごいですね。
お子様がいらっしゃると行動範囲も広がりますね。
私はフィン語、今休止中です。
みぃぴょんさんはどちらでフィン語習っているのですか?
せめてフィン語くらいは習いたいなと思っているんですよ。

ブログリンクしてくださりどうもありがとうございました♪
私のところは数に制限があるようなのでお載せ出来ないのです。ごめんなさい。
自分のPCのお気に入りには入れさせて頂いております。
Posted by 木の葉パン at 2005年11月03日 01:49
フィンランド語は今は近所のTyöväenopistoで習っていますが、ヘル大の講座の方が文法的にきちんと説明してくれるので日本人の私としては良かったです。

ブログリンクの件は気になさらないで下さい。
私が木の葉パンさんのファンなのですから。
Posted by みぃぴょん at 2005年11月08日 15:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。