2005年11月26日

フィンランドの美容院と正直な息子

今日、髪を切った。
いつも行く美容院だったし、同じ人だったので安心していた。

しかし、ここはフィンランドだった・・・
油断した私が悪かったバッド(下向き矢印)

 フィンランドに住んでいる日本人の間でもよくフィンランドの美容院のことが話題に上る。
シャンプーの時は日本のように寝ぞべるタイプの椅子ではないので、ほとんど起きたまま、首を反らせているという状態で、ケープを付ける時も首にタオルとか巻いてくれないので運が悪いと首から水が入ってきたりするし、顔にタオルものせてくれないので、水やシャンプーがバシバシ飛んでくるしあせあせ(飛び散る汗)耳にも容赦なく、水が入ってくる。と、そのわりには力は入っていなくて地肌までゴシゴシ洗ってくれないので何となくスッキリしないバッド(下向き矢印)

と、不満はこれくらいにして、

私は今回行った美容院へは3回目だし、同じ人にカットしてもらっているので、初めの時のような緊張感もなく、いつもと同じ様に注文した。

しかし今回はなんだかいつもと違い、バンバン剥いているな〜と思いつつも、特に何も言わなかった。

だけどブローしていく途中の自分の姿を見て・・・

どんっ(衝撃)

出来上ってもやっぱり 変むかっ(怒り)

普段は家に帰って自分で直せばどうにか修正がきくのだが、今回は無理だった。
どこがどう変かはわからないけど、とにかく変!あせあせ(飛び散る汗)

私の気のせいと思いたくて、息子に聞いてみようと考えた。
4才の息子は普段、私が新しい洋服を着たり、化粧をバッチリすると、
「きれい!かわいい黒ハート」といっていつも褒めてくれるからだ・・・

早速、家に帰って来た息子に「お母さん、髪切ったの。どう?かわいい?」と聞くと、 マジマジと私を見つめて・・・
「変。かわいくない。」 と、キッパリ。
ガ〜ンもうやだ〜(悲しい顔)
やっぱり変なんだ〜 バッド(下向き矢印)

私: 「え〜可愛くない?変?」
息子:「可愛くない。変だよ〜」
私: 「じゃ〜 どうしたら可愛くなる?」
息子:「もっと伸ばせばいいよ。」
って・・・そんな簡単に伸びないよ〜 もうやだ〜(悲しい顔)

どうしよう・・・
これからクリスマスシーズンでフィンランドではpikku joulu と言って
小さいパーティがちょこちょこあって私も顔を出すのに・・・
普段あまり会わない人にまで会うのに・・・

あ〜〜〜大失敗がく〜(落胆した顔)
posted by みぃぴょん at 00:30| Comment(6) | TrackBack(0) | フィンランドでの日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。